パンダの食べ残しは製紙の原材料に=四川

KANKAN
2021-09-02

世界遺産にも登録された、中国南西部の四川省ジャイアントパンダ保護基地では、パンダの食品ロス削減キャンペーンが実施されています。パンダの食べ残った竹などの廃棄物は、地元の製紙工場に運ばれ、ティッシュペーパーなどに生まれ変わりました。

四川省にあるジャイアントパンダ中国保護研究センターに暮らしている45頭のジャイアントパンダは毎日、ニンジンやリンゴのほか、大量の新鮮な竹を食べています。基地のスタッフによりますと、1日あたりの竹の供給量はおよそ1000〜1500キログラムで、パンダによる竹の食用率は2割近くです。食べ残しの竹は毎週、地元の製紙工場に届けているということです。

工場側に聞くと、竹パルプ技術によって、これらの食べ残しを原紙や、ティッシュペーパー、文房具などの紙製品に作ります。通常、4トンの新鮮な竹で1トンの原紙を生産できます。四川基地の食べ残しは毎年500トン近く、100トン以上の紙製品を生産できるということです。(Lin、CK)

热门评论

  • 0
    動物の中で、私はパンダちゃんが一番好きで➰す😍仕草とかめちゃくちゃ可愛いし、笑顔になれます😍気持ちがハッピーになれるんです☺️

更多精彩内容请到  查看