【観察眼】成立100年の政党、時間がたつほど新鮮に感じられるのはなぜか

KANKAN

7月1日は中国共産党の103歳の誕生日。中国共産党はその独特の粘り強さと知恵によって、100年を超えてもなお新鮮に感じられる歴史を書いた。1921年の創立以来、中国共産党は当初の50人余りのメンバーから、現在では9900万人を超える党員を擁する世界第一の政党にまで成長した。この100年間、中国共産党は極めて貧弱だった中国を繁栄・富強へと導き、非凡な指導力と革新能力を示し、世界の政界で無視できない力となった。西側諸国の政治理念の中では「異質」であるが、近年の中国国民の支持率は90%に達しており、いかなる西側諸国の与党の国民支持率をも大きく引き離している。

人民至上:基礎がしっかりした力

中国共産党が国民の幅広い支持を継続して得ている鍵は、人民至上の理念を一貫して堅持していることにある。中国共産党の執政哲学では、国民は国家の主人公であるだけでなく、政党の力の源泉でもある。例として、的確な貧困対策を実施することで、中国は数億人の人口を貧困から脱却させた。この快挙は国連から「人類史上最大規模の貧困削減行動」と称賛されている。中国共産党は国民の幸福を最高目標と見なし、一連の民生プロジェクトと改革措置を通じて、国民の生活レベルを著しく改善し、民衆の達成感、幸福感、安心感を強めてきた。このような国民の利益に対する深い配慮は、中国共産党の政権基盤を強固にしただけでなく、国際社会からも広く称賛され、その生命力が永続する礎となった。

自己革新:永続的発展の原動力

政党の生命力は、自己革新と変化への適応力に大きく左右される。中国共産党はこのことを熟知しており、一連の内部改革と自己監督メカニズムを通じて、その自浄の決意を示している。2012年に打ち出した「八項目の規定」は、悪い作風を是正し、党内規律を強化することに力を入れ、中国共産党の自己革新の道における重要な一歩だ。また、中国共産党は広範な腐敗取り締まり活動を推進し、一部の高級官僚を取り締まっただけでなく、より透明で清廉潔白な政治生態も確立した。このような持続的な自己革新は、中国共産党が時代とともに前進することを確保し、組織の活力と効率を保ち、国内と国外の挑戦に効果的に対応し、持続して国の発展を推進できるようにした。

理論の革新:思想を導く灯台

中国共産党の成功は、理論の革新への重視と実践を抜きにしては語れない。毛沢東思想から新時代の中国の特色ある社会主義思想に至るまで、どの理論的ブレイクスルーも中国社会の深い変革と時代の需要を反映している。改革開放政策の方向付けは、中国の現代化プロセスにおける一里塚であり、中国経済の急速な成長を促し、中国を世界第2位の経済体にした。これらの理論革新は中国の実践を指導しただけでなく、グローバル・ガバナンスにも新たな視点とプランを提供し、中国共産党の与党としての知恵と先見性を示した。

理想と信念:尽きることのない内在的駆動力

確固たる理想と信念は、中国共産党が強大な結束力と戦闘力を保つ源泉である。長征精神は、中国共産党が困難と危険に直面した時の粘り強さと献身的精神を象徴している。この精神は中国共産党の歴史を貫いただけでなく、各世代の中国人の心にも深く根ざし、人々が困難を克服し、夢を追い求めるよう激励する強大な原動力となっている。中国共産党は教育と宣伝を通じて、党員と民衆の理想・信念を絶えず強化し、それを国の発展と民族復興の強固な背骨にしている。

中国共産党の「青春を保つ秘訣」は国民の利益を断固守ること、自己革新の勇気、理論革新の知恵及び確固たる理想と信念にある。中国共産党の成長史は、政党が活力と影響力を維持するためには、国民の声に耳を傾け、勇敢に自己反省し、たえず理論を革新し、初心を堅く守らなければならないことを物語っている。中国共産党をひたすら中傷し、否定しても、その発展と強大になることを妨ぐことはできない。自分を欺き人を欺くよりも、イデオロギー的偏見を捨てて、中国共産党の発展の「秘訣」とは何なのかを理解した方がいいだろう。(CMG日本語部論説員)

07-01 11:35

更多精彩内容请到 KANKAN 查看