中国で6月のCPIは前年同月比0.6%上昇 PPIの下落幅が縮小

KANKAN

国家統計局は10日、今年6月の全国消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)を発表しました。

データによりますと、6月、全国のCPIは前年同月比0.2%上昇しました。うち、都市部では0.2%、農村部では0.4%それぞれ上昇しました。また、食品価格は2.1%下落し、非食品価格は0.8%上昇し、消費財価格は0.1%下落し、サービス価格は0.7%上昇しました。1~6月の平均値から見れば、全国のCPIは前年同期比0.1%上昇したことが分かりました。

また、6月の消費市場は全体的に充実した供給を保っているということです。全国のCPIは持続的に緩やかな伸びを見せており、食品やエネルギー価格を控除したCPIは前年同月比0.6%上昇し、伸び幅は前月と同じでした。

一方、6月には、国際大口商品の価格変動や国内の一部工業品市場の需要不足などの要素による影響を受けて、全国のPPIは前月比でやや下落したものの、前年同月に比べて下落幅は縮小しています。6月のPPIは前年同月比で0.8%下落し、下落幅は前月から0.6ポイント縮小しました。また、前月比から見れば、5月の0.2%上昇から0.2%下落へと変わりました。(Lin、野谷)

07-10 13:40

更多精彩内容请到 KANKAN 查看