NATOによるアジア太平洋での衝突誘発および繁栄と安定の破壊に断固反対=外交部

KANKAN

外交部の林剣報道官は10日の定例記者会見で、関連質問に応じて北大西洋条約機構(NATO)がアジア太平洋で衝突を誘発し、地域の繁栄と安定を破壊することに断固反対すると表明しました。

記者会見では、「NATOサミットがワシントンで始まった。中国は今回のサミットにどのような期待を持っているのか」との質問がありました。

林報道官は、「中国のNATOに対する立場は一貫している。われわれはNATOが地域的で防御的な組織の位置づけを逸脱し、アジア太平洋で衝突と対決を誘発し、地域の繁栄と安定を破壊することに断固反対する」と述べた上で、世界の平和と安定そして安全のために実際的なこと多くをするよう、NATOに勧告しました。(ヒガシ、鈴木)

07-10 21:45

更多精彩内容请到 KANKAN 查看