シンガポール生まれのパンダ、名前は「叻叻(ラーラー)」に決定

KANKAN
2021-12-31

今年8月にシンガポールで初めて生まれたジャイアントパンダの名前が「叻叻(ラーラー)」に決まり、一般公開も始まりました。

叻叻(ラーラー)は中国から贈られたジャイアントパンダ・凱凱(カイカイ)と嘉嘉(ジアジア)の間に生まれた赤ちゃんで、名前はネット投票で選ばれました。「叻」という文字はシンガポールが貿易港として発展した当初から使われている旧名「石叻坡」に由来しているということです。「石叻坡」は、マレー語で海峡を意味するもので、シンガポールの地理的な位置を表しています。また、中国語の「楽(楽しい、幸せ)」と発音が同じであることから、健康で幸せに育ってほしいという願いが込められています。

热门评论

  • はるさわ

    2
    かわいい!!!

更多精彩内容请到  查看