中国の外資導入 安定成長の勢いは変わっていない=商務部

KANKAN
06-23 21:55

商務部の束珏婷報道官によりますと、今年の1月から5月までの全国の外資利用額は5642億元(約11兆3862億円)に達し、前年同期比17.3%増となりました。過去の同時期と比較して、この成長率は依然として比較的高い水準にあり、外資導入の安定成長の勢いは変わっていないとのことです。

束報道官は、「いくつかの短期的な課題はあるが、多くの多国籍企業は依然として中国への投資の長期的展望を楽観視しており、投資を拡大する意向があることを関連データは示している。外国商工会議所などがこのほど行った調査でも、多くの多国籍企業が依然として中国を最重要市場と見なしており、中長期的にはより多くの投資家が中国市場に参入すると予測している」と述べ、さらに、「中国は引き続きハイレベルな対外開放を拡大し、中国でのビジネスの利便性向上を求める外資系企業の要求に積極的に応え、外資の安定化に向けた業務を全力で進めていく。開かれた中国の大市場は、世界の企業にきっと多くのチャンスを提供するだろう」と述べました。(ZHL、MN)

更多精彩内容请到  查看