中国南西部初の低空域試験測定センターが発足

KANKAN

低空域分野で中国をリードする企業6社が共同で建設した中国南西部初の低空域試験測定センターが9日、四川省綿陽市で発足しました。

センターは主に国家航空交通管制技術センターの革新プラットフォームと専門家チームに支えられ、綿陽市にある北川永昌空港と800平方キロメートルの空域の強みをいかして、中国国内の無人航空機と低空域ナビゲーション、測量、緊急救援と人材育成サービスなどの分野について、中国全国の低空域経済関連の組織にサービスを提供します。

同センターは、専門的な試験飛行基地と整備された試験関連の施設と設備、国家と国防部の認可を受けた検査認証実験室を有しており、年間で300日以上の飛行が可能です。(ヒガシ、鈴木)

07-10 21:50

更多精彩内容请到 KANKAN 查看