中国の1〜5月「一帯一路」沿線国への非金融類直接投資は10.2%増

KANKAN
06-23 20:20

商務部が23日に発表したデータによりますと、今年1〜5月、中国の非金融類の対外直接投資額は、前年同期比2.3%増の2870億6000万元となりました。

商務部の束珏婷報道官は同日の定例記者会見で、「卸売業と小売業への投資は前年同期比20.8%増の80億8000万ドルで、建築業、科学研究、技術サービスなどの分野への投資も増加傾向を示している。また、『一帯一路』沿線国への非金融類の直接投資は前年同期比10.2%増の81億9000万ドルで、同期間総額の18.4%を占め、前年同期比1.2ポイント増となった」と説明しました。

統計によりますと、今年1〜5月、中国の対外請負プロジェクトの完成工事高は3443億4000万元で、前年同期比0.5%増加し、新規契約額は5072億元に達しました。そのうち、「一帯一路」沿線国への請負工事の完成工事高は285億5000万ドル、新規契約額は380億ドルで、それぞれ全体の53.4%、48.2%を占めています。(RYU、MN)

更多精彩内容请到  查看