習主席 バングラデシュのハシナ首相と会談

KANKAN

習近平国家主席は北京市内の人民大会堂で10日午後、中国を公式訪問中のバングラデシュのハシナ首相と会談しました。双方は中国とバングラデシュの関係を全面的戦略協力パートナーシップに引き上げると発表しました。

習主席は「中国とバングラデシュは国交を樹立して以来、常に尊重しあい、支持しあい、平等に接し、協力してウィンウィンを図ってきた」と述べ、「中国は来年の国交樹立50周年を契機に、質の高い『一帯一路』の共同建設を深め、各分野における協力の深さと広さを拡大し、中国とバングラデシュの全面的戦略協力パートナーシップの安定して長期的な成長を推進していくことを望む」と述べました。

習主席は「中国はバングラデシュと党内管理や国政運営の経験と発展分野の政策交流を展開し、発展戦略の連結を強化し、経済貿易投資や相互接続などの分野の協力を深めることを望む」と強調しました。

ハシナ首相は「バングラデシュは中国の成功した発展経験を学び、参考にして、両国の経済と貿易、インフラ、貧困削減などの分野での協力を拡大し、若者や文化などの人と文化の交流を強化することを望む」と述べた上で、一つの中国の原則をしっかりと守り、台湾問題における中国の立場を支持し、外部勢力が中国の内政に干渉することに断固反対すると表明しました。(ヒガシ、鈴木)

07-10 21:45

更多精彩内容请到 KANKAN 查看