国家リモートセンシングデータ・応用サービスプラットフォーム発足

简介:
国家リモートセンシングデータ・応用サービスプラットフォームが21日に発足しました。 この日、プラットフォームの発足式および国家航天局衛星データ・応用国際協力センターの除幕式が海南省・海口市で行われました。中国共産党第18回全国代表大会以降、中国のリモートセンシング衛星は急速に発展し、約50の業務分野で100%の情報自給率を実現しました。しかし、応用のコストが高く、データ共有が難しく、応用サービスが不均衡といった課題もあるということです。課題の解決に向けたこのプラットフォームは、リモートセンシング衛星データの開放と情報共有ルートを構築し、宇宙資源の総合応用と緊急減災・災害救助の統一的な調整を行い、業界・部門・地域を跨ぐリモートセンシング応用の質の高い発展を促進するものとなっています。(ミン・イヒョウ、CK)
11-23 14:350
中国ニュース

更多精彩内容请到 KANKAN 查看