1-5月、車載用電池の搭載量 前年比100.8%増

简介:
20日、2022世界車載用電池カンファレンスの記者会見が中国西南部の四川省成都市で開催されました。工業情報化部の関係者によりますと、新エネルギー車の急速な発展に伴い、中国の車載用電池産業の発展が進歩を遂げ、世界の上位にあるということです。 2021年、中国の車載用電池の搭載量は前の年に比べて142.8%増え、累計154.5キロワット時となり、世界全体の52.1%を占めました。2022年1月~5月まで、車載用電池産業は引き続き高度成長を保ち、搭載量は累計83.1キロワット時となり、前の年の同じ時期と比べて100.8%の増加となりました。 車載用電池の単体とユニットのエネルギー密度も高まりつつあります。それぞれ、2012年の130ワット・アワー毎キログラムと100ワット・アワー毎キログラムから、2021年の300ワット・アワー毎キログラム、200ワット・アワー毎キログラム以上に向上し、価格は80%低下しました。 なお、カーメーカーとカスケード利用企業170社余りは全国に1万カ所余りの回収サービス拠点を建設しています。(ヒガシ、CK)
06-22 14:450
中国ニュース

更多精彩内容请到  查看